転職ノウハウ

これってパワハラかも……そう感じたらとるべき次の行動とは?

上司からの厳しい言葉にへこんだり、プレッシャーを感じたり、働いていると社会人としての責任の重さを実感することが日々あります。ですが、そんな上司の言動は、すべてがただ耐え、受け入れなければならないものとは限りません。中には、自身がとるべき行動を冷静に考える必要がある場合もあるようです。それは上司がどんな言動をとったときなのでしょうか。今回はメンタル・ジャーナリストでカウンセラーの大美賀直子さんにお話をうかがいました。

パワハラなのか指導なのかを見極めよう

働く以上、自分が担当した仕事の内容や職務態度、仕事の進め方を上司から注意されることもあります。こうした指導は業務の遂行、質の向上に必要なことであり、真摯に受け止めて反省することは、社会人として非常に大切なことです。

しかし、出勤しても業務に集中することができなかったり、出勤すること自体が辛いほどストレスを感じる場合には、指導の範囲を逸脱し「パワハラ」を受けている可能性を疑う必要があります。

では、どのような行為がパワハラになるのでしょう?厚生労働省では、次の6つをパワハラの行為類型として発表しています。

1. 身体的な攻撃…殴る・蹴るなどの暴力行為
2. 精神的な攻撃…人格を否定するような暴言、威嚇、「辞めさせるぞ」などの脅迫
3. 人間関係からの切り離し…無視をしたり、孤立させたりすること
4. 過大な要求…業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことを強制したりすること
5. 過小な要求…仕事を与えないこと、能力とかけ離れた程度の低い仕事のみをさせること
6. 個の侵害…個人的なことをしつこく聞いたり、休日の付き合いを強要したりすること

こうした行為をたびたび受け、とても辛く感じる場合はパワハラの可能性が考えられるかもしれません。

パワハラの可能性を感じたら、ふたつの点を振り返ろう

では、パワハラの可能性を感じた場合、次に何をすればよいのでしょう? 次のふたつの点について振り返ってみましょう。

1.苦痛に感じる行為、状況、頻度などを振り返る
上の6つの行為類型に当てはまる行為がないかどうかを振り返り、誰によって、いつから、どの状況で、何回くらい行われたのか、そのことで自分の立場や勤務状況がどのように変化したのか(仕事のミスが増えた、仕事を与えられなくなったなど)、くわしく見つめ直しましょう。メールやタイムカードなど、客観的に示せるものがあれば記録を残しておくとよいでしょう。

2.自分自身の健康状態・感情を振り返り、何を望むのかを明確にする
次に、自分自身の健康状態や感情の変化を振り返り、自分が何を望んでいるのかを考えましょう。
「健康状態」については、睡眠や食欲の変化、身体症状(体の痛み、持病の悪化など)の変化と度合い、感情については、憂うつ、不安、恐怖、あせり、怒り、仕事への意欲などの変化と度合いについて、具体的に振り返ります。
「自分が何を望むのか」については、たとえば、上司に自分の辛さをわかってもらいたいのか、信頼できる人にこの問題の解決を任せたいのか、上司から距離を置きたいのか、というように現時点で自分が望むことについて明確にしておきます。

パワハラは自己解決できないことが多い。納得するまで相談しよう

上記の2点を整理すると、それだけで解決への意欲が湧いてくる人も少なくありません。上司に直接交渉できそうであれば、自分がどの事実に対してどのような思いを持っているのかを伝え、上司の言動の意図を確認してみましょう。そして可能であれば、自分が心外に感じることについて伝え、「そうした言動を行わないでほしい」などの自分の希望を伝えていくとよいでしょう。

こうした話し合いができそうもない場合には「人に相談をする」ことがとても大切です。職場の中では先輩や他の上司、社内の相談窓口、人事・総務担当者、保健スタッフなどが、相談しやすい窓口になるでしょう。社内で相談しにくい場合には、地域の労働問題に関する公的な相談窓口を利用するのも有効です。こうした専門の窓口では、労働問題に関する専門的な見地から有効なアドバイスがもらえるでしょう。

いずれにしても、パワハラを受けている当事者は、自分ひとりでは合理的な対処方法を考えたり、解決のための行動を起こしたりできないことが少なくありません。そうした場合、ためらわずに相談しましょう。ひとりの人、ひとつの窓口に相談しても納得のいかない部分が残るようなら、複数の人、複数の窓口に相談をし、自分自身が抱えているパワハラの問題について納得できる対処方法をさまざまな角度から見つけていくとよいでしょう。

執筆者プロフィール
記事執筆:大美賀 直子
メンタル・ジャーナリスト、カウンセラー。産業カウンセラー、精神保健福祉士等の資格を持ち、メンタルヘルスやコミュニケーション、ストレスをためない考え方、人間の心の成長に関する情報発信をインターネットや雑誌等で行っている。企業や大学等でメンタルヘルス相談を行い、執筆や研修活動も行っている。『どうして会社に行くのが嫌なのか』(アスキー新書)など著書・監修多数。